やってみた!

実際に試したことや調べたことをまとめます。

スマートフォン

白ロムを購入するって?

2016/10/08

SIM事業者(MVNO)にすると決めると端末はどうするの?ってことになると思います。

これまでdocomoなどのキャリアを使っていた場合はMNP先で端末を新規購入することが殆どだった筈です。

docomo系のMVNOに移動する場合はこれまでdocomoで使っていた端末があればそのまま使うことが出来ますので問題ありません。困るのはdocomo系以外のキャリアから移動する場合です。

最近はSIMフリーと呼ばれる端末も一万円以下からありますので性能にこだわりがなければ端末の入手はさほど問題では無くなってきました。

不要な端末を譲り受ける

家族や友人に不要なdocomoの端末があれば譲って頂く方法です。

古めのLTE非対応機種の場合は使えないこともありますが、人に依っては最も安価に端末が手配出来ます。

やや古い機種の場合はゲームなどが快適に出来ない・または出来ない場合がありますが、インターネットとメール・LINE位しか使わない方であれば十分使えると思います。個人的には端末の末尾が「E」以降の機種であればゲーム以外は大丈夫かな?という印象です。但し、androidのバージョンは4.0以降程度が殆どで最新では無いと思います。使いたいアプリがインストール出来ないケースもありますので確認してからお考え下さい。

docomoの端末をAmazonやヤフオク!で購入する

Amazonやヤフオク!で購入するのは機種も選べますし程度に依っては比較的最近の機種が安価に入手出来る可能性があります。

勿論新品の場合はおおよその価格は決まって来ますが、不人気色の場合は若干安くなる傾向がありますので色に拘らないのであれば検討してみて下さい。中古品の場合は程度に依って価格は様々ですが、こまめにチェックしていると運が良ければ相場より安く入手出来ます。私もヤフオク!でdocomoの中古のF-02Eや新品未使用のSH-05Eの端末を購入して使っていました。

キャリアの販売した端末を入手して使う場合に気を付けなければならないのが所謂「赤ロム」という物です。

これはキャリアから割賦販売で購入された端末が残債がある状態で市場に出てその後、キャリアによって利用停止にされた端末の事です。購入時に販売者から端末代金に残債がない事を確認して下さい。販売者に依っては「赤ロム」になった場合は返金や交換を謳っている事もありますのでそちらから購入する方法もいいですね。

現在利用制限されているかは「ネットワーク利用制限」確認で端末の製造番号(IMEI)を入力して確認出来ます。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

SIMフリー端末を購入する

Amazonやヤフオク!、またはメーカーのホームページから直接購入することが出来ます。

「SIMフリー スマホ」などで検索すると解説しているサイトが沢山あります。価格や性能を比較しているサイトからご自身の使い方で問題なさそうな端末を探します。割とユーザーが多い端末を選んでおけば何か分からない事があった際にネット上に情報がある事が期待出来ます。あまりマイナーな機種やメーカーは避けた方が良いと思います。特に中国メーカーには聞いた事も無いような端末もあります。初心者の方や機械に詳しく無い方には手に余る製品が多いので注意が必要です。

SIMフリー端末はキャリアの様な手厚いサポートを期待しない方が良いです。全国にdocomoショップのような窓口もありませんから機械に自信が無い方は人気の機種を選びましょう。

-スマートフォン